山梨県産、桃と葡萄(ぶどう)のネット販売 | 山梨商店街

山梨県の桃の特徴と品種

生産量日本一の山梨県の桃の特徴と品種についてご紹介致します。また桃の保管方法や美味しいお召し上がり方なごも紹介しております。

HOME | 山梨県の桃の特徴

山梨県産桃の商品はこちら
山梨県産ぶどうの商品はこちら
富士山の溶岩石鹸はこちら

山梨県の桃の特徴

山梨県は桃の生産量日本一です。種類も豊富で80品種以上の桃が毎年出荷されています。水はけの良い山梨の土地柄が育む桃は糖度が高く、甘みも強いです。
また、皆様がイメージされる桃は柔らかい桃が多いかと思います。山梨県人は食べた時にカリッと固い桃を好んで食べる人が多いです。それは採れたての新鮮な桃はしっかりとした食感で甘いからです。この新鮮な桃は県外のスーパーなどでは手に入らない鮮度だと思います。山梨商店街では可能な限り、鮮度の高い桃をお届けできるように朝採れたての桃を当日中に発送するようにしています。

 

 

2週間しか味わえない山梨県の桃

桃の収穫時期は4月下旬〜8月上旬くらいです。しかしながら1品種2週間くらいで収穫が終了してしまいます。つまりその品種の桃を食べられるのは2週間くらいしかないんです。「同じ年に買った桃なのに前回食べた桃と味が違う」なんて時は違う品種の桃を食べているのかもしれませんね。


山梨商店街でお届けしている桃の品種

山梨商店街でお届けしている桃は農家さんが厳選して、朝収穫してきたものをその日のうちに発送しています。
これは皆様により美味しい桃をお届けしたいという山梨商店街と農家さんのこだわりです。
その年、その時期で収穫できる桃の品種も違い、またその時の良し悪しもありますので、農家さんの目で選んでいただいた、その時の良い品種の桃をお届けするようにしております。
桃の品種はお選びいただくことはできませんが、旬の美味しい桃をお届けいたしますので山梨県産の美味しい桃をご堪能ください。以下の品種は山梨商店街でお送りしている品種の例になります。
 

日川白鳳

山梨県の早生種の主力品種です。果肉は白色で果汁が多く、甘み・着色ともに良好な桃です。6月下旬〜7月中旬ごろまで楽しむことができます。

白鳳

山梨県で最も生産量が多い品種です。鮮紅色に色づく美しい外観、白色で果汁が多い果肉、酸味は少なく、上品な味が魅力です。食べ頃は7月中旬〜7月下旬くらいです。

浅間白桃

山梨で生まれ育った品種で、白鳳に次ぐ主力品種です。300g前後と大玉、鮮明な着色、甘く香り高い果肉と、外観触感味覚の三拍子揃った優れた品種です。 食べ頃は7月下旬〜8月上旬くらいです。

川中島白桃

浅間白桃に続く晩生種の主力品種です。300gを越える大玉、鮮明な着色、甘くが多く、日持ち性に優れています。 食べ頃は8月上旬〜8月中旬くらいです。


桃の美味しい食べ方と保存方法

桃の保管方法

美味しい食べ頃で収穫された桃ですので、到着いたしましたら、お早めにお召し上がりいただくのが一番です。すぐに食べない場合は、風通しが良く日の当たらない涼しい場所で保存してください。冷蔵庫で常時保管すると水分が飛ばされてしまうのでオススメできません。

美味しい桃の食べ方

可能な限り新鮮な桃をお届けできるようにしておりますので、食感がしっかりした桃よりも柔らかく熟した桃がお好みのお客様は上記保存方法でしばらく保管してお好みの柔らかさを確認しながらお召し上がりください。お召し上がりいただく30分くらい前から冷蔵庫で冷やしておくと美味しくお召し上がりいただけます。